コラム

COLUMN

結婚やマイホームの購入時は保険見直しのタイミング

2022.03.25

保険見直しは定期的に必要であり、より有利な保険に乗り換えることで手厚い保障が受けられるようになります。ここでは、保険を見直すタイミングについてご説明し、どのようなライフイベントが発生した時に保険を見直せば良いのかを明らかにします。

保険見直しをご希望の方は、明石市にある来店型保険ショップへ。豊富な知識を持つ専門家が、お客様のご要望を元に、おすすめの保険商品をご提案します。加入する保険内容がよく分からない、支払う保険料をもっとリーズナブルにしたい、自分に最適な保険へ見直したいなど、どんなご相談でも無料で対応します。ぜひご相談ください。

保険を見直すのに最適な時期 ~結婚~

保険を見直すのに最適な時期 ~結婚~

結婚は人生の大きな節目であり、今後の人生は夫婦で力を合わせて生きていくことになります。結婚をするタイミングで加入している生命保険を見直すと、自分に万が一のことが起こった場合でも、今後の生活を支えてくれます。

結婚のタイミングで保険見直しを行う際には、お互いが加入している保険の情報を共有し、どのような状態になった時に保険金が支給されるのかを知っておくことが必要です。

その上で、お互いにとって最適な保険に乗り換えるようにします。また、結婚をして子供が誕生したときも保険を見直すのに最適なタイミングです。

保険を見直すのに最適な時期 ~マイホームの購入時~

保険を見直すのに最適な時期 ~マイホームの購入時~

マイホームの購入は人生にとっては最も大きな買い物であり、ほとんどの方は住宅ローンを組んでマイホームを購入します。マイホーム購入後は返済金の負担が家計を圧迫するため、保険料が安い保険に乗り換えるケースが多いです。

毎月の保険料の負担を低くすることで住宅ローンの返済が楽になり、余裕のある生活を送れるようになります。また、住宅ローンを組む際には団体信用生命保険に加入することが必要ですので、当然のことながら保険を見直すことが必要になってきます。

保険見直しの際には、保険料の安さだけを重視するのではなく、必要な保障があるかどうかも大切です。

保険を見直すのに最適な時期 ~保険が満期・更新を迎えたとき~

ライフイベントではありませんが、現在加入している保険が満期を迎えた時や更新時は、保険を見直すタイミングです。その理由は、保険が満期・更新を迎えると保障額が低くなったり、保険料が上がったりことが多いからです。

今の保険のままで加入を続けると、保障の内容が悪くなった上に保険料も高くなることがあるため、大変な損をする場合があります。

保険が満期・更新を迎えたときに保険見直しを行えば、よりご自分に合った保険が見つかるだけでなく、今よりも安い保険料で、今よりも手厚い保障が受けられる可能性があります。

保険を見直すのに最適な時期~子供が独立した時~

子供が独立した時も、保険見直しのタイミングです。これまでは自分たちに何かがあった時に備えて、比較的手厚い保険に加入していた方が多いと思いますが、子供が経済的に自立した以上、そのような保険は必要なくなります。一方で、夫婦の生活や老後、今後の入院などを重視した保険に加入することを考えるべき時期です。

年齢が高くなるにつれて、病気や手術のリスクは、一層高くなるため、手厚い保障を受けられるのに越したことはありません。

医療保険やがん保険などは、健康状態によって、保険料・保証内容が大きく左右されますので、体調が安定しているうちに早めに加入した方が良いでしょう。

キッズスペースを完備!保険見直しなら明石市のショップへ

結婚や出産、マイホームの購入、保険が満期・更新を迎えた時などは、保険を見直す絶好のタイミングです。明石市にお住まいの方で、保険見直しを検討されている場合は、ほけんスマイル(運営会社:株式会社マーベリック)にご相談ください。保険のプロがしっかり見直しや見積りを行い、丁寧に分かりやすく説明いたします。ご契約後もライフイベントに応じた保険見直しなどのサポートを行います。

株式会社 マーベリほけんスマイル(運営会社:株式会社マーベリック)が展開する来店型保険ショップは、明石市東中ノ町のアスピア明石南館3階にございます。個人情報の観点からも考えお隣のブースとは間仕切りがしてあるので、周りを気にすることなくご相談に集中して頂けます。

店舗への来店予約はwebサイトからも承っていますので、明石市の方はぜひご利用ください。

この記事を書いた人

ほけんスマイルWeb編集部

ほけんスマイルWeb編集部

この編集部は社内の有志スタッフによって結成されています。わかりづらい保険の知識や仕組みを、なるべくわかりやすく発信することを心がけております。応援よろしくお願いします!

一覧に戻る

関連したコンテンツ

お気軽にお問い合わせください