コラム

COLUMN

生命保険と損害保険は同じ保険でも保障の対象が異なる

2022.03.25

生命保険について理解を深めるためには、損害保険との違いを知っておくことが必要です。また、保険料と保険金の違いなど、専門用語についても正確に理解することが大切になってきます。ここでは、生命保険と損害保険の違いや第三分野の保険などについて解説します。

広畑で保険見直しを依頼したい方は、ほけんスマイル(運営会社:株式会社マーベリック)へお越しください。専門家による丁寧なヒアリングにより、お客様のご要望やライフスタイルに合ったおすすめの商品を提案します。

生命保険と損害保険について

生命保険と損害保険について

同じ保険でも生命保険と損害保険は大きな違いがあります。生命保険と損害保険の最大の違いは、生命保険は「人」を対象とする保険であるのに対して、損害保険は「物」を対象とする保険であることです。損害保険は、自動車保険や火災保険などが挙げられます。人生には色々なリスクがありますので、両方の保険に加入しておくと、様々なリスクに備えられます。

保険には生命保険と損害保険の他に、「第三分野の保険」と呼ばれる保険があります。第三分野の保険は生命保険と損害保険の中間的な位置づけの保険であり、医療保険やがん保険、介護保険などが第三分野の保険に該当します。

生命保険は生命保険会社だけが取り扱うことができ、損害保険は損害保険会社だけが取り扱うことができます。第三分野の保険は、生命保険会社も損害保険会社も取り扱うことが可能です。

保険料と保険金の違い

保険料と保険金の違い

保険には色々な専門用語があり、似ている言葉であっても意味が全く異なるケースがあります。保証と保障、補償はどれも「ほしょう」と読みますが、言葉の意味は全く違ってきます。保険料と保険金も言葉の意味は違います。保険について正確に理解するには、言葉の本当の意味を知っておくことが必要です。

保険料とは、加入者が保険会社に毎月支払うお金のことであり、掛金と呼ばれる場合があります。一方で、保険金は加入者が死亡、高度障害を負った時に保険会社から支給されるお金のことです。

保険料は加入者が保険会社に支払うお金であり、保険金は保険会社が加入者に支払うお金になります。このように、保険料と保険金は全く違う意味になります。

生命保険会社ごとに異なる保険料

生命保険料は、各生命保険会社によって大きく異なります。保証内容に大きな差がなくても、保険料に大きな差がある理由がわからないという方は多いでしょう。その答えは、付加保険料の差です。

一般に、生命保険の保険料は「純保険料」と「付加保険料」の2種類で構成されており、純保険料は保険金や給付金の支払いにあてるお金のことです。これは生保標準生命表をベースに保険料を算出していますので、基本的にどの保険会社にも大差はありません。

一方、付加保険料は、保険会社が運営する上で必要となる経費です。この付加保険料はあらかじめ生命保険の保険料に含まれているため、保険会社によって大きな差が生じるのです。

保険見直しの相談は広畑のほけんスマイル(運営会社:株式会社マーベリック)にお任せ!

姫路市広畑区にあるほけんスマイル(運営会社:株式会社マーベリック)の来店型保険ショップでは、保険相談と保険見直しを行っております。お客様からお話しをお伺いした後に、分析を行いピッタリの保険をご提案いたします。見積もりを出した時点で、契約をしなければならないということはございませんので、追加・変更希望の商品がありましたら、お気軽にお申し付けください。

広畑の店舗は、店舗は、MEGAドンキホーテ姫路広畑店1階にありますので、非常にわかりやすく、お買い物がてらに立ち寄ることも可能です。

「お客様の立場に立って、一緒に考える」ことをモットーに身近な町の保険屋さんを目指しておりますので、広畑周辺の方で保険見直しをする際にはぜひご活用ください。専門知識を持つスタッフが親身になって保険見直しをサポート致します。

この記事を書いた人

ほけんスマイルWeb編集部

ほけんスマイルWeb編集部

この編集部は社内の有志スタッフによって結成されています。わかりづらい保険の知識や仕組みを、なるべくわかりやすく発信することを心がけております。応援よろしくお願いします!

一覧に戻る

関連したコンテンツ

お気軽にお問い合わせください